もっともらしくない!!

早期退職したアラ還。毎日が発見!周りのものを大切に愛をもって暮らしていく中で気づいたことや考えたことを書いています。

チェロのレッスン 11月22日 前回の復習 聞いてみるものですね。

オーケストラ本番前で、じっくり曲に取り組めていない。

そこで、前回教えてもらった、軽いけど芯のある音の出し方ができているかどうか、見てもらった。

やっぱり違っていた。私はスピードを出そうとして、腕のスピードを出し、かつ、体を使うということで上半身を右に振っていた。

違う!!

弓のスピードを出すには肩を動かす。腹筋に力を入れる。

そして、弾き始めはしっかりと弓の毛を弦に置いておくこと。

どうして、これで音が変わるかわからないが、結果として音が変わった。

忘れないように、体で覚えなければ・・・

オーケストラの本番で演奏する曲で、この弾き方が良いという部分も教えてもらった。

ベートーベン3番の2楽章の4分音符と8分音符。

減衰気味のべったりしない音形。ふむふむ・・・

時間が少しあったので、ベートーベンの3楽章の早すぎで絶対弾けないところについて話をした。

開放弦で弾くと音がビヤーンとすることを避けて、下の低い弦で弾くと指が忙しい。

どこの音は開放弦でもいいかの塩梅が難しい。

ある部分の弾き方を変える案を先生が提示してくれた。

レの開放弦を使うことになるが、1ポジションで弾くので、指の動きが楽になって弾けるようになった。

小指でシフラット、一音あけて、また小指でミフラットがどうしても間に合わなかったのです。

聞いてみるものですね。

 

わたしのレッスンの次の方は、わたしがスヌーピーファンだと知って、いつも生協のカタログを持ってきてくれる。

詳しくは知らないのだが、犬とどう向き合っていけばいいのか、ちょっとした専門家らしく、大学の獣医学科や専門学校で授業に参加したりしていると聞いていた。

最近、ウチの犬の引きこもり度がひどく、マンションの敷地と建物の階段をうろうろするだけになってきたので、その方に「うちの犬を一度見てくれませんか?」と言ったところ、快諾いただいた。

聞いてみるものですね。

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

  ↓

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

演奏会の演奏には頭の「持久力」が必要だ!!どうやって鍛えるん?

月曜日の朝はきつい・・・

仕事をしていないワタシはいわゆるマンデイブルーではない。

日曜日は午前中チェロのアンサンブルの練習。夜はオーケストラの練習。

これが原因だ。

好きなことなので、いやではないが、きつい・・・

特に今回の演奏会の練習はきつい。

途中で集中力が切れる。

弾けるはずのところが、乗り遅れて弾けないようなことが起こる。

強弱の変化が激しく、調もどんどん変わる。

頭(神経というか・・・)を使いまくって弾いている。

途中で疲れてきて、譜読みの反応が悪くなる。指や腕も思ったように動かなくなる。

体力というより、頭が疲れてきて、反応が悪くなる。

頭の持久力をつけたい。

どうやって訓練する?勉強するときの集中力とは違う感じがする。

本番まであと2週間。

集中力が持たないことが一番の不安要因。

アドレナリン出まくりの興奮状態しかないのだろうか・・・

ランナーズハイならぬ、プレーヤーズハイ?

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

  ↓

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

チェロのレッスン 11月15日 映画「インターステラー」のテーマ

映画「インターステラー」は2014年クリストファー・ノーラン監督のSF映画

クリストファー・ノーランと言えば「TENET」が多くの人に見られた。インターステラーも時間・空間が大きなテーマの一つであることから、似てると言えば似てる。

我が家は、家族全員といっても3人、それぞれ別々に見て、皆が好き。

私はジェシカ・チャスティンが好きだし、ストーリーも面白かった。

アン・ハサウェイの宇宙の星に独りぼっち佇む情けないような悲しさの演技も好き。

夫と娘は泣いた!と言っている。

「父と娘」の関係も大きなテーマなので、共感するものがあるのかもしれない。

音楽はハンス・ジマー。彼は数多くの映画に音楽を提供しており、皆が知っているのは、「パイレーツ・オブ・カビリアン」だろう。

 

で、数年前にわたしのチェロの発表会で、RCサクセションの「スローバラード」を弾きたくて、子供に楽譜を書いてもらったら、インターステラーの楽譜も送られてきた。

YouTubeでチェロで演奏しているのを見て、良かったから、これも弾けという。

映画はオーエストラ演奏。そもそも美しい曲なのである。チェロの音色によく合っている。


www.youtube.com

Nicholas Yeeという人が弾いている。

子供がピアノ伴奏しに発表会に合わせて帰ってくるという計画だったが、仕事やらコロナやらで数年実現していなかった。

今回実現しそうで、急遽練習している。

先日子供が帰ってきたときに、一緒に演奏した。

その状態で、チェロの先生に見てもらった。

イ短調、3拍子の、楽譜を追うという意味では全然難しくない。

途中で、ラミー(1拍2拍の長さ)・ラミー・シミー・シミー・ドミー・ドミー・レミーレミーと続くところがある。

そこの弾き方を迷っていたのだ。

YouTubeの演奏ではダウン・アップで弾いているが、音の切れ的には、アップ・ダウンがよさそうとウチの子は言う。

そこの部分について、弾き方を尋ねたところ、先生曰く。

「私はこの映画見ていないけれど、東欧あたりの雪の積もった枯れた木のある平地のような感じがする。べったりしない乾いた音形がよいのでは・・・」

「そのためには、1拍目をダウンで弓の中央ぐらいから弾き始める。弓先に近いところで弾くと、空気を含んだような軽い音がでる。かつ、体・腹筋を使って、初速から弓のスピードを出すことで、鋭い音形にする。弓を弦から離さず2つ目の音の準備。アップもスピードは速めで軽く弾く。音は減衰。最後8分休符がある感じで、しっかり弓を止める。すぐに次のダウンの準備をする。強弱は、使う弓幅で調整。決して弓を弦に押さえつけてはならない。」

やってみたら、うちの子が希望していた、「ポーン・ポーン」という音が出た。

おお!!

 

その他、左手の指使いとメロディに合わせた弦をアドバイスいただきました。

 

一番の心配は本当に子どもが発表会に帰ってくるのか?

まあ、練習しましょ!!

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

  ↓

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

チェロのレッスン 11月8日 ヴィヴァルディ チェロソナタ第1番 ラルゴ

発表会の曲 ヴィヴァルディ チェロソナタ第1番 初めのラルゴとアレグロの予定。

オーケストラの練習に時間を取られて、ほとんど弾いていない。

とりあえず、ポジションチェンジ・どの音をどの弦で弾くか・スラーを見てもらう。

バロックのもともとの楽譜はスラーが付いていないものが多い。後日スラーが付け加えられているため、楽譜により付き方が違うらしい。他の楽譜も見て、どう付けるか決めることにした。

3連符で、タララ・タララ・タラララララという形が多く、弓の動かすバランスが均等ではないが、後半のタラララララは常に下降する音形で、ここは一気にスラーで降りるのがよいのだろうと思う。

初めて知ったこと。

装飾音符の付け方。装飾音符の長さに指定があることがある。

たとえば、この楽譜の一番下の段、カッコ1とカッコ2の最後の音の上に音符が書いてある。それぞれ、この長さで装飾音符を弾けということらしい。

はは~!!

 

わたし、拡張形(親指を広げて音程をとる。)の時に、中指の音が安定しない。中指・薬指・小指を同時に押さえる形が安定していないからだと思う。

特にこの曲は音程のずれがよくわかる。きちんと押さえることも心掛けよう。

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

  ↓

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

演奏会の練習をして、練習曲がうまくなった。ふつう逆じゃね?

秋は、習っているヤマハのイベントで、チェロだけのアンサンブル2曲、ヴァイオリンとチェロの曲2曲を弾かなければいけなかった。

ヴァイオリンとのアンサンブルでイエスタディをしたのだが、ジャズアレンジで自分の弾いている音の流れが、単に全体の和音の一部を取り出しただけで、何の必然性もないようなもので・・・おまけにリズムもシンコペーションばかりで弓の動かし方もくせがある。

アンサンブルしても、不協和音ばかり(ジャズとしては定石のコードだと思う。)で音程があってるかどうかもわからない・・・

で、結構ムキになって練習した。

12月のオーケストラの練習もやりまくっていた。

セバスチャン・リーの練習曲を始めたはずだが、そんなこんなで練習曲にほとんど取り組めていなかった。

 

lamabird.hatenablog.com

 

先日、天気の悪い日に5時間ぐらいチェロを弾いた日があって、ふと久しぶりにセバスチャン・リーの練習曲の楽譜を開いて弾いてみたのだ。

すると、最後に弾いた時よりずっとうまく弾ける。(あくまで個人的な感想です。)

わたしにとって、今の段階では、セバスチャン・リーの練習曲は、移弦しながらしっかり音量をキープして、メロディを感じながら弾くことが課題なのだが、移弦がうまくなっている。音楽的な流れもいい感じなのです。(あくまで私の過去との比較ですが・・・)

 

演奏会は弾けないといけないので、がむしゃらに練習するわけです。速い短い音とか、スラーでつながったアルペジオとか、長い音をキープするとか、音が飛ぶので左手を早く大きく動かすとか・・・

つまりはジャズ風のイエスタデイやベートーベン先生の交響曲を練習曲にしていたわけです。

大学のオーケストラやジュニアオーケストラで弾いて、特に個人的に先生についていたわけではない人が、まわりにかなりいるのですが、この人たちはこうやってうまくなっているのだと思います。

先生は、そういう人たちはうまく弾けるんだけど、基本のツボをしっかり身につけないと、いい演奏にはならないといいます。

私の先生は私が所属するオーケストラのチェロのトップなのですが、先日、2番手の大学オーケストラ出身の方に、ロングトーンの右腕・体の使い方をアドバイスしていました。私もうまくできるわけではないけど、基本のキです。

また、先生は、練習曲と題されている楽譜は、いろんな技術をむらなく練習できるものとなっているので、練習曲を練習することは大事だといいます。

 

美しいチェロを奏でるのが目的なので、オーケストラの曲でも練習曲でもツールはこだわらないわけですが、実践的な曲と基本にこだわる練習曲をうまく組み合わせて練習することが重要と改めて思いました。

 

家で、ウォーミングアップして、練習曲もやりオーケストラの練習もして、2月に控えた発表会の練習もすることは、時間的に厳しい。

計画的にその日の練習を限定して、うまく回していくことがよいのかなと思います。

 

初めてのスクールコンサート参加

マチュアオーケストラに入って2年半。

このオーケストラでは、市のスクールコンサート事業を受けていて、毎年数回学校に行ってコンサートをしているのです。

このコンサートのために新しい曲を練習する余裕がなく参加していなかったのですが、この度初参加しました。

6月に楽譜を借りて、少しずつ練習していたのです。

先日リハーサルがありましたが、他の方は同じプログラムを何度もやっているので、確認に流す程度。

私はテンポなど初めて体験し、本番がやってきました。

スクールコンサートは参加するのは楽しみでした。子供たちに聞いてもらうのって楽しそう。

一方、子供たちの音楽体験が、わたしが弾いての演奏では申し訳ないとも思っていました。

その考えを整理する間もなく、きのう集合時間に合わせて学校に行きました。

最初の学校は低学年・高学年分けて30分ずつ。内容としては短めです。

低学年のグループからでしたが、子供たちが興味を持って聞いているのがよくわかりました。

オーケストラを聞いたことがあるのは全体の5%ぐらいでした。(手を挙げてもらったのです。)

楽器紹介も熱心に聞いていました。打楽器と一緒に手をたたくコーナーも楽しそうでした。

実際の演奏は前に座っている子供は音が大きくて、耳がつらそうな子もいました。

カルメンの抜粋やシンコペイテッド・クロックなどわかりやすいものを曲の説明とともに演奏しました。

最後にオーケストラの団員の方で作曲や編曲をされている人が校歌をオーケストラ用に編曲して、オーケストラの伴奏でみんなで校歌を歌いました。

ノリノリで歌っていました。

高学年グループの部も同様にやって、私が音を鳴らしていてもなんとか楽しんでいただけたかな・・・と思い、午後の学校に移動。

午後の学校は全員参加で1時間のコンサートです。

子供たちは事前勉強があったのか、楽器紹介の楽器をよく知っていました。オーボエとかファゴットとかも、すらすら答えていました。

午後は1時間なので曲も増えて、最後に「さんぽ」と校歌の合唱でした。

「さんぽ」は今や子供たちにとってはスタンダードな曲なのですね。みんな足踏みしながら歌っていました。

ちょっと気になったのは、先生の目が厳しくて、子供たちがちゃんと聞いているか、目を光らせていて、ちょっとでも聴く集中を切らす子に注意を促していたことです。

学校はいろんなことがあり、そういう注意をしないと収拾が取れなくなるので、やむを得ず先生方がそのような行動をとることが日常化しているのだろうとは思いました。

が、微妙に居心地が悪く、わたし、こういう管理が苦手であることが、よくわかりました。

学校ってたいへんですね・・・

初日が終わり、次は11月です。

子供たちの時間をせっかくもらっているのだから、わたくし、少しでもいい演奏ができるよう練習を続けるとともに、日頃足を踏み入れない学校潜入に興味を持って、スクールコンサートの参加を続けていこうと思いました。

ちなみに、日頃家で勝手に過ごしているので、1日人と接して、ぐったりしました。たまには、こういう体験も必要だとも思いました。

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

  ↓

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ステージマネージャー 実際に見たすごいステマネさん

これも図書館でたまたま見つけた本。

「マエストロ、時間です サントリーホールステージマネージャー物語」

たまたまといっても、ステージマネージャーという仕事に興味があったのです。

今はかなりクラシック音楽系でもメジャーな仕事のようで、「ステマネさん」と略されることもあるようだ。

 

記憶の時系列がありまいなのだが、ステージマネージャーという仕事というか人を知る機会は2回だけ。

1回は、恩田陸の「蜜蜂と遠雷」に出てくる田久保寛という人。舞台袖で、この小説の場合コンクールであるが、演奏会の進行を見守り、演奏者を気持ちよくステージに上げるよう気配り、実際合図をして、演奏者をステージに促す。

映画では平田満がやっていた。

 

もう1回がきょう書く過去の出来事でお見かけした方。

 

かなり前のことだが、あるガラコンサートに行った。ガラコンサートでは、いろいろな演奏者・歌手が次々に出てきて短めの演奏を披露する。

そのコンサートは、お祝い的なイベントで、海外の有名なコンクールで優勝した人とか、世界的に活躍している人とか、名のとおった外国人演奏家などスゴイ顔ぶれの人ばかりが出演者のコンサートだった。

わたしは、とある用事で休憩時間に舞台袖に行くことになっていたが、最初は普通に客席で聞いていた。

曲ごとに演奏者の編成が変わるので、そのたびに、譜面台やいすの位置が変わる。

変えるのは舞台袖から出てくるスタッフさんである。

その日のセッティングで舞台袖から出てきた人に目をうばわれた。

黒のスーツ姿。これは黒子さん的な役割なのでいつものこと。

ただ、歩く姿が美しい。黒子さん的なのだが、背筋が伸びていて、静かな無駄がない動き。

能や歌舞伎の役者さんの静かな動き、あるいは、茶道の亭主の動きを連想した。

セッティングもしずしずと速やかに行われた。

なんだ!!この人は!!ただものではない!!(複数人現れたが、ある一人がとびぬけてすごかったのです。)

で、途中の休憩時間に予定どおり私は舞台袖に行った。

舞台袖では、出演者同士がにぎやかにおしゃべりしていた。

私が注目した人もその場にいるが、休憩時間だったので、すでに舞台のセッティングは終わり、そこに立っておられた。

ベルがなり、その人が休憩後の出演者を舞台に送り出し、舞台と舞台裏をつなぐ扉が閉められた。

演奏が始まった。舞台裏にいる出演者の方でおしゃべりが弾んでいた。

その方が、それらの出演者に対して「演奏中です。お静かに!!」と言った。みんな静かになった。

そのおしゃべりの中心はみんな知っている超有名なソリストだったのです。

こんな一流の演奏家に注意できるこの人は何者?

後で、主催者のスタッフに尋ねた。「あの人は何者?」

その答え

あの人は、今回特別にお願いしたステージマネージャーである。今回の演奏会が円滑に進められるように、東京で活躍しているカリスマ的ステージマネージャーに来てもらいました。

・・・ステージマネージャーってこんな人なんだ・・・

プロ中のプロに見えた。

でも、その時なんという名前の方なのかまでは聞かなかった。

 

その後もふとその人のことを考えることがあり、ネットで調べたが、裏方さん的職業だからなのだろう、ステージマネージャーについての情報はほとんどない。

ステージマネージャーになるための大学とかの記事はあるが、具体的にどんな人がいるかは出てこない。

 

今回の本は、サントリーホールの初代ホール付きのステージマネージャーさんが書かれたもの。日本のステマネさんの草分け的存在。ステマネさんがどんなことを、どんな配慮で行うか、もっと系統的に知りたかったけど、そこまでの記述ではなかった。ただ、指揮者や演奏者に頼りにされる存在であることはよくわかった。

で、この本にほかのステージマネージャーが数人登場するのだが、写真で、私が見たのはこの人かもしれない、という人を見つけてしまった。

記憶違いかもしれないので、名前はここで挙げないけど。

 

世の中、いろんな職業があって、その道で卓越した方々がおられる。そういう職人さんぽい仕事をされる方にたいへん敬意を抱いている。

合計数分しか見なかったその方だけど、世の中いろんなすごい人がいる、そのすごい人の一人を見たという、忘れられない記憶になっているのです。

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

  ↓

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村