もっともらしくない!!

早期退職したアラ還。毎日が発見!周りのものを大切に愛をもって暮らしていく中で気づいたことや考えたことを書いています。

ゴミの分別。一生懸命分別したプラスチックはどうなっている?

 

 

プラゴミ分別をしていなかった。その理由は?

仕事をやめて変わったことの一つにゴミの分別があります。

以前はプラスチックと表示のあるパッケージ・トレーなどすべて燃えるゴミで出していました。

理由は

  1. めんどうくさい。手間がかかる。
  2. 感覚的に石油原料のものでプラゴミになるものについての理解が難しい。分別には相当の知識が必要。あるいはプラマークがあるかどうかいちいち見る必要がある。
  3. お肉やお惣菜の入っていたトレーは洗う必要があって、洗う水や洗剤の使用と再利用されるプラスチックを比較すると、地球の環境を守り資源を有効利用する観点からは、分別するメリットは少ないのではないかと感覚的に思っていた。

プラスチックゴミの説明 宮崎市のパンフレットから

f:id:lamabird:20210408090210j:plain

夫の職場ではゴミ分別に大変厳しくて、夫がゴミ箱に入れると「分別が違う。」といつも注意されていたので、夫は職場で出るごみをほとんど家に持って帰って、家で燃えるゴミで出していました。つまりイケナイことかもしれないけど夫にはプラゴミ分別のルールが理解できていません。それほど難しいのです。

ペットボトル・ガラス・金属・その他燃やしてはいけないものは、さすがに分別していましたが、そのほかのものはすべて燃えるゴミで出していたのです。

プラゴミ分別を始めた。

仕事をやめて時間ができて、なんとなくプラスチックゴミの分別を始めました。

すると、燃えるゴミの量がたいへん少なくなって、プラスチックゴミの量が増えました。

燃えるゴミのゴミ袋は有料で、宮崎では大が1枚40円ぐらい。中は30円ぐらいです。

一人暮らしだったので、1週間でも中がいっぱいにならないゴミの量。

プラスチックは無料の透明ゴミ袋に入れて出すのですが、これも2週間で45リットルの袋1つぐらいです。

しかし、ゴミ袋の経費は節約としては大した額ではない。

燃やすゴミが減ったなんとなくの自己満足があったのです。

先に書いたプラスチックを洗う地球全体のコストについては、あまり考えずに1年間分別をしてきました。

プラゴミ分別の効果は?地球全体のコストを考える。

夫が単身赴任から帰ってきて、我が家でのゴミ分別を私の最近のやり方でするようお願いしましたが、その時ふと原点に戻って、私がやっていることがいいことなのか疑問が再発しました。

そこで、ネットで調べたところ、家庭ごみのプラスチックは再利用は少なく、ほとんどが燃料とされているようです。

燃料というのは、エネルギーを作るのに必要なところで燃やされているのだから、有効利用と言えばそうなのですが、なんか釈然としない。

再利用されてほしい。

そもそも、プラスチックの分別は次の理由からだと理解していました。

  1. ゴミ焼却の量を減らし二酸化炭素排出量を減らす。
  2. 埋め立てるゴミの量を減らす。
  3. 地球に有限の石油の消費を減らす。

現在の処理では主に2しかできていないことになります。ゴミとして燃やすのとエネルギーとするのと二酸化炭素の排出量は変わらないですよね・・・

プラスチックゴミの分別ということで、納豆の容器やお醤油の入った小さい袋、食べ物で汚れたサランラップなどを洗剤と水できれいに洗って分別されている方がけっこういらっしゃいます。

その方々を批判するわけではないのですが、そこまで必要でしょうか?

素人的には、プラスチックを洗う地球全体のコストを考えると、納豆の容器やお醤油の袋を洗って分別するほうが環境のためにならないのではないかと思います。加えて、まじめに正確にプラゴミを分別するには相当な時間と努力が必要です。

その結果がまとめて圧縮して燃料になる。釈然としません。

 

プラスチックゴミ分別に方向性・目的・結果の観点が欠けていると思うのです。

行政のプラスチックゴミ分別の指導というか指示というか、それも適切じゃないと思うのです。

 

パンフレットにもここまで分別しろと書いてある。まじめな人はするわなあ・・・

さりげなく「汚れているものは燃やせるゴミへ」と書いてあるが、この塩梅を市民がどう判断するか・・・

宮崎市のパンフレットより

f:id:lamabird:20210408090335j:plain

f:id:lamabird:20210408090352j:plain

多くの市民がかなり無駄なことを一生懸命させられている感じがします。

一方で、産廃業者が市町村の資源ゴミについてきれいなものでないと妥当な値段で買わないので、市町村としてはきれいなゴミを作るためがんばっているという話も聞きます。うーん、なんだかなあ・・・

 

それでは、どうすればいいのでしょう。

プラスチックゴミ分別の提案

  1. 洗わずに済む、または簡単に洗えばいいプラスチックは分別する。
  2. 燃料でなく再利用できるもの(具体的に何かはよくわからないのですが。)のみ分別する。
  3. あるいは、プラゴミの燃料がどんなに役立っているのか行政が説明する。ほかのものを燃やすよりいいのだという説明です。

根本的な問題 ゴミを減らす。

根本的な問題はゴミを減らすことです。

家庭のプラスチックゴミで量が多いのは、お肉やお惣菜の入ったトレーだと思うのです。あれは代替物はないのでしょうか?いちばん地球にやさしい素材は何なのでしょう?

レジバッグが有料化されました。プラスチックの使用料減とゴミ削減にどれだけ効果があるか知見がありませんが、トレーのほうが量は多いと思うのです。

プラゴミではないけれど、コンビニやスーパーでくださるお箸やスプーン、ペーパーナプキンも必要ないことが多く、私はもらいません。

ストローは紙にする方向になっていますが、なんであんな小さいものから検討するのかわかりません。

検討が必要なのはトレーです。それからカップ麺の容器。

 

プラスチックのリサイクルについては、次のサイトがわかりやすかったのでご紹介します。

ネット検索では、プラスチックゴミの処理について家庭ゴミと産業ゴミが一緒になっていて、家庭ゴミのみのデータは見つけられませんでした。

www.pwmi.jp

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村