イギリスについてミス・マープルから学んだ

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

ミス・マープルは世界一有名なおばあちゃん探偵。

最近、アガサ・クリスティーを再読しているのですが、特にミス・マープルのシリーズを丁寧に読んでいます。

f:id:lamabird:20200925113406j:plain

そこで、ふと思ったのが、私のイギリスについてのイメージはほとんどミス・マープルをとおして作られている。

実際にはイギリスに行ったことはありません。(涙)

ミス・マープルが書かれた時代も1930年ごろから1970年代までで、当時のイギリスは今とまったく違うだろうし、当時のイギリスも実際体験したらクリスティーが描いているものと違う風に見えたかもしれません。

しかし、当時のイギリスはこんな風だったというものが私の中で出来上がっています。そういえば、イギリスの生活・文化が伝わる文章とか映画とか少なくありません?特に最近のもの。カズオ・イシグロも、「日の名残り」は戦後すぐの設定だし、ほかの作品もイギリスらしいものはないと思う。

では、ミス・マープルから学んだイギリスについて列挙していきます。

1 階級制度

ミス・マープル爵位のある階級ではないけれど、中の上ぐらいの階級の人であることがわかります。家庭教師から教育を受け、イタリアの寄宿学校に行ったこともある。ドイツ人の家庭教師も付いていた。古い頑丈な家に住み、メイドがいる。ただし、今や収入は少なくぜいたくはできない。

ミス・マープルで登場する階層は次のようなものです。

上流階級。貴族のヒエラルキーが強く存在する。

上流階級ではないが富豪。

聖職者・医師・弁護士といった専門職。

使用人。上流階級の家には家政婦・執事・メイド・料理人・運転手・庭師といろいろな使用人がいてその中にも階級がある。

軍人。位の高い人はそこそこの名門の出であることがわかる。

ミス・マープルには農業をする人は少し出てくるが、商業者・工場労働者はほとんど出てこない。

2 財政状況

上流階級層は、広大な土地と家があり投資による利益や利息収入で豊かに暮らす人々と、爵位があっても財産をなくしかつての名門をかさに生きている人、低い階級であるが事業等で財をなし貴族同様の生活をしている人などが出てくる。

信託財産等から収入があり(不労所得)それだけで豊かに生活できている人がいて、相続するものの大きく、だから殺人事件が起こる。一方、イギリスの経済発展も速度が落ちて信託財産等からの収入が減り、生活に苦しむ人も出てきている。

3 持ち物

ミス・マープルの階級では質の悪いものは持たない。古いものは可。古いものが可なのは、物を大事にするということも上流階級の特質だという現れ。さらに上級階級が貧しくなっているが、やむを得ない対応ということだろう。

質実剛健なそして上品な服の素材としてのツィード。

私、ツィード好きなんです。シャネルのツィードではなく、イギリスのチェックのツィード。スーツとかスカートとかそれも30年前に買ったものもあるけど、美しいのです。英国の香りがします。

4 食べ物・飲み物

疲れた時は濃い紅茶。紅茶はぐらくら煮立ったお湯でいれなければいけない。キドニーパイとか内臓系の食べ物をよく食べる。シェリー酒。朝食のあれこれ。トースト・ベーコン・たまご・にしんなど。

私は濃い紅茶が大好きで、煮立ったお湯でいれます。昔の時点でミス・マープルに影響されていると思います。

5 庭

ある程度の階級の家にはいわゆるイングリッシュガーデンがある。一年草多年草・球根、ボーダーガーデン・ロックガーデンと多彩な庭の記述が多く、これまた私のガーデニングの原点はここにあります。そしてときどき出てくる植物のカタログ。サカタのタネにもありました。結構厚くて見ると夢が広がります。今もあるのかなあ?

6 看護師

少々細かい話ですが、看護師が患者と話すとき、「わたしたち」という言い方をします。これは当時一般的だったようですがミス・マープルは嫌い。イギリスで今も看護師が「we」を使うのか不明。興味があります。ナイチンゲールの国ですから。

<例>看護師がミス・マープルの部屋に入ってくる。「わたしたちすこしお昼寝しましたね。」「わたしは編物をしていたのよ。」

散歩から帰ったミス・マープルに家にいた看護師が言う。「わたしたち、とてもつかれましたねえ。」

7 地名

トーキー・ボーンマスパディントン駅とかいう固有名詞も覚えた。

8 ホテル

小説の中でよくホテルが出てくる。ロンドンの高級ホテルやリゾートホテル。ホテルの雰囲気、部屋の様子、スタッフの接客の描写に、ホテルってこんなところなんだと学んだような気がします。

バブルのころ、高級ホテル大好きでいろいろ泊ってそれぞれのホテルの雰囲気の違いなど楽しんだものですが、あれも今思うとミス・マープルの影響だったかもしれません。ただし、今や清潔に安全に泊まれれば安いほうがよしとホテルを選ぶようになった私は変わりました。

9 外国人に対する偏見

ミス・マープルには偏見のコメントは少ないが、イギリス人一般としては外国人は得体のしれないよくない人々である。戦争で仲間だったフランス人に対してさえもすっきりしない感情がある記述が多い。それを考えるとクリスティーがもう一人の有名探偵ベルギー人のエルキュール・ポアロを主人公に小説を書いたことが、画期的でもあり、イギリスを少し客観的に見る(もっと言うとイギリスを少しおちょくった)構造になっているのかなあとも思えます。

きょう思いついた列挙はここまでです。

 ミス・マープルが活躍したというかアガサ・クリスティーが作品を書いた時代(1930年代から1970年代)は、イギリスにとっても世界にとっても変化が大きい時代でした。クリスティーはその変化の中でその時代を考慮した思想を持ちそれを描写しています。

例えば、女性に対する考え方も、ビクトリア時代のように紳士に寄り添うとか、男性を立てるとかを美徳とする表現もある一方、行動的で自己主張する女性も共感をもって描いています。

おもしろい女性で代表的なのが、ルーシー・アイルズバロウです。「パディントン駅発4時50分」でミス・マープルの探偵を手伝う役なのですが、ケンブリッジを優秀な成績で卒業し、学者か教師になるところ、お金をたくさん稼げる仕事がいいと、需要の高い家事労働の道を進んでいるという役です。完璧な家事で、高い給料を出す依頼が殺到している。でも気に入った仕事しか受けず、さらに長期の仕事は受けず、気の向いたときに自由時間を持てるようスケジュールを組んでいるというのです。

 

きょうのミス・マープルのお話はこんなところでおしまいにします。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

うちの犬のこと 生命の存在を100%受け入れるということ 出会い編

たぶんどこの犬も人間にとってかけがえのない存在で、それぞれのストーリーがあるのだと思いますが、私も私のためにうちの犬とのこれまでのことを書いておくことにしました。つまらないかもしれませんが、書かせてください。

うちの犬(仮称グーとします。本当は日本的な名前です。)は現在7歳男性。

人間界の基準では超イケメン。鼻筋が通っていて、目が大きい。白と濃い茶色のツートンで、毛並みがきれい。足が長く、スタイルがいい。お馬さんみたい。

見た目だけ犬コンテストがあれば、上位入賞すると思う。

f:id:lamabird:20200924094354j:plain
f:id:lamabird:20200924094409j:plain

 写真は実際のイケメンぐあいとスタイルのいい具合がなかなか残っていないものですね。これで勘弁してください。

散歩していると「何という犬種ですか」「すごくきれいですね」とか言われる。犬にちょっと詳しい人はわかるはず。雑種です。何の雑種なのかは不明です。

保護犬なので。

夫と子ども(当時高2)が犬を飼いたがっていましたが、共働きでずっとお留守番はかわいそうだからと私が反対していたのですが、なぜかこの時飼おうということになってしましました。犬は保護犬と決めていました。人間を今必要としている犬と一緒になりたかったからです。

生後5か月ごろと思われる状況で、「ひまわりの家」という犬猫の保護譲渡センターでもらいました。

2013年公開の映画「ひまわりと子犬の7日間」は、堺雅人扮する宮崎県の保健所職員の主人公が、わが子を守るために人間に対して狂暴になっている「ひまわり」と名付けた犬が殺処分されそうなところを、心を開かせて、結局自分で飼うというストーリーです。うちの犬が保護されていた「ひまわりの家」もここと関係するのだとは思いますが、詳しくは不明です。「ひまわりの家」は、後に宮崎県と宮崎市が共同で動物愛護センターを作ったため、そこの機能が移管され今はもうありません。

私と夫でまず「ひまわりの家」に行き、どんな犬がいるか、どういう手続きが必要か見たり話を聞いたりしました。候補の犬は何頭もいたのですが、うちの子どもと一緒に決めたほうがいいということで、翌日夫と子どもが見に行きました。そして連れて帰ってきたのがグーです。

保護されているゲージの多くの犬は夫と子どもの姿を見てわんわん鳴いていた(夫は「私を見て!」というアピールに感じたと言っていましたが。)が、グーは背を向けて知らんぷりしていたそうです。そこに感じるところがあり、うちの子はグーを連れて帰ってきました。

ひまわりの家の職員さんの話によると、グーとお母さんとお兄さんの3頭が高齢者の方が世話ができないということでひまわりの家に連れてこられたとのこと。お母さんとお兄さんはもう譲渡されており、グーだけが残っていました。写真によるとお母さんは真っ白な犬だったとのこと。

車で子どもが抱っこして帰ってきたのですが、ずっと震えていたそうです。用意していたゲージに収まり、お水とご飯をあげました。安心させようと話しかけたり、なでなりしました。お散歩にも連れて行きました。

グーは1週間ほど何の声も出しませんでした。私は声が出せないのかもしれない。そうだとしても全然いいよねと思っていました。何年経って、夫も同じように思っていたことを知りました。

昼はお留守番のグーとの共同生活が始まりました。

 

腰痛が改善する歩き方その後とキノコ

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

きょうも、かっこいいおばあちゃんを目指して、昨日効果があった歩き方(「一直線ウォーキング」と呼ぶことにします。)で1時間半歩きました。

骨盤の裏の筋肉の付け根のスッキリ感が増しました。マッサージしようとしても骨の裏で手が届かないところです。歩いた後は、マッサージの後に訪れるのと同じだるさが来て、お昼寝してしまいました。

最近キノコ探しがマイブームです。ネットでも近頃自宅の庭にキノコが生えているので毒キノコ注意みたいな記事を見ました。いつも山の斜面や木の周りを探しているのですが、思わぬところに発見。池の縁です。

f:id:lamabird:20200922190335j:plain
f:id:lamabird:20200922190353j:plain
たまごみたい。つやつや
f:id:lamabird:20200922190520j:plain
f:id:lamabird:20200922190502j:plain
これらは先日発見したもの

 

アマチュアオーケストラに入って3か月

初めて参加させていただいているオーケストラの来年1月の定期演奏会の曲は、チャイコフスキー交響曲4番と同じくチャイコフスキーのピアノコンチェルト1番です。CDやコンサートで聴くあの大曲に自分も参加できると思うと感動。

しかし、楽譜をもらったら、フラット4つとか5つとかに呆然。いままで、こんな調は弾いたことがない。特に交響曲のほうは、転調が激しく、フラット4つからシャープ5つになり、ゼロになりとどの音を出すか理解するのに時間がかかりました。リズムも3拍子なのに中で拍子感が違う動きがあったり難しいです。さらに、速度が速い。考えたり準備する時間がない。反射的に弾けないと間に合わない。

毎日2時間ぐらい練習していますが、全然うまくいきません。家でうまくいっても、みんなと合わせるとできなかったり。

わたしが実力以上のことに挑んでいるんだと思います。チェロを始めて10年以上経ちます。でも大人の練習はきびしくないですよね。

ジュニアのオーケストラの子どもたちはどんどんうまくなる。うまくなるスピードが大人の10倍ぐらいなんじゃないかしら。それは自分に限界を持たずにどんどんむずかしい曲に挑んでいくからだと思うのです。大人グループは「こんな難しい曲は弾けない」と端から無理しようとしないことが多いように思います。

わたしもこの3か月で結構それなりに上達したと思います。譜読み、速いパッセージ、高い音。自分をほめてあげながら、頑張って練習を続けていきます。

今度の日曜日はコンチェルトのピアニストさんとの初合わせ。怖いけど楽しみでもあります。

腰痛が改善する歩き方

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

かっこいいおばあちゃんになるには、さっそうと歩きたい。

しかし、ここ5年以上腰痛持ちである。腰痛というか、骨盤の下、つまりお尻の筋肉が固まっていて、腰あたりが痛い感じ。腰を動かすとお尻の筋肉がバキバキ音をたてる。

仕事に行っているときは、座りすぎが原因と思っていたが、日々犬の散歩生活になっても改善しない。針にも行った。その時はほぐれるのだが続かない。ストレッチとかもいろいろしている。

昔知り合いの体操の先生が肩こり・腰痛には歩き方が大事、足を一直線に前に出すように歩くと言っていたのを、昨日思い出した。足一直線問題は時々ふと思い出すのだ。なぜかというと、なぜ足を一直線にすると腰痛にいいかメカニズムがわからないからだ。

でも昨日は足を一直線に出すよう歩いてみた。もともと足を左右それぞれの足をそのまま前に出す(つまり足は2直線となっている)傾向にあるので、一直線にするとぎくしゃくする。ぎくしゃくしないようにいろんな歩き方をしてみた。そのうち、あら不思議!おしりの凝りがほぐれてきた。1時間ぐらいで効果実感。歩き方は次のとおり。

1 足首をやわらかくして1直線になるよう心掛ける。

2 すると足の裏で地面を蹴って、かかとが上がり、膝もやわらかく曲がるようになる。

3 そして、蹴りだした足を地面につけるとき、膝のクッションが効くようになり、地面の衝撃が腰まで来ない。

4 腰は上下左右に振れない。骨盤が前方に平行移動する感じ。

5 姿勢は骨盤を前に出すよう意識する。

6 しかし、背中をそらせるのではなく、背骨のS字曲線を意識する。極端にいうと、オラウータンが歩いている感じ。

家では、膝を開くスクワットもやっていて、これはしたとたん股関節が開くし、腰の筋肉もほぐれていい感じです。

専門家から見てどう評価されるかわかりませんが、私の中ではこれだと思ったので、意識して続けてみようと思っています。お尻の筋肉は痛めてしまっていて、痛みが取れるのには時間がかかりそうですが。

 

濃い目のお味噌汁

今週のお題「ごはんのお供」

この4日間うちの犬はあまり歩かない。

せっかく気温は下がって、地面も熱くないのに。

夏もわたしの携帯の万歩計で1日1万3千歩ぐらいは歩いていたのに、きょうは5千歩、おとといは3千歩ぐらい。1日何度も行っていた山の公園にも行こうとしない。

外には出たがるので連れていくと、家からすぐの堤防に上がる階段を上がったところから動かない。促して少し歩くとまたそこに戻ってくる。

あるいは、階段を川へ向かっておりて川を見ている。

f:id:lamabird:20200917195946j:plain

川を見ている。


30分はじっとしている。人が通るところにじっとしていると邪魔なので、なるだけ端っこに促す。

理由は想像するに、犬族の仲間に会いたくて待っている。これは確実と思われる。だって実際に犬がくると急にそっちへ向かって進む。なんで川を見ているかについては不明。瞑想?

 従ってわたしも運動不足です。昼にこってりした青椒肉絲を食べてしまったので、少しあっさりめのものをと思うと、やっぱり味噌汁。具だくさんで疲れがとれそうなちょっと濃い目。具はじゃがいも、たまねぎ、しいたけ、おくらにしました。

タンパク質としてはオムレツにしました。結果としてはそうあっさりではなかったかも。

犬が歩く気持ちを取り戻し、わたしもおなかぺこぺこになって、おいしくご飯をいただきたいです。

f:id:lamabird:20200917195334j:plain

 

きょうのお昼は青椒肉絲ご飯

今週のお題「ごはんのお供」

今週は気温は27度前後で、一時期の暑さより低いのだが、湿度が高い。

それが原因か、夏の疲れがきいるのか、体がだるい。ちょっと貧血気味かも(実は一度も貧血になったことはない。濃い血が流れている。)とか思って、がっつり牛肉が食べたくなった。赤くて鉄分が多そうでないですか?

牛肉は豚や鶏に比べると単価が高い。牛肉は単なる国産牛というのも食べにくくて宮崎牛しか食べてこなかった。宮崎牛は安い鮮度市場でさえ100g298円(他店では498円)、食費を抑えたい私には最近宮崎牛は買うのに勇気がいるようになった。で、いきなりオーストラリア牛を買ってみた。今まで味が羊っぽくて嫌いっだったのだが、工夫すれば何とかなるかもと先日買ったのだ。

きょうは朝からそれを解凍し、醤油とお酒の下味を付け、お昼に青椒肉絲を作った。ピーマン、しいたけ、なぜかなすびも入れ、つやつやの青椒肉絲完成。そして炊き立てご飯。おどんぶりにした。下味の効果で苦手な味も緩和され、おいしくいただくことができた。

オーストラリア牛の下味作戦は大成功。今度は別の下味でなにか作ってみよう。

f:id:lamabird:20200917125757j:plain