もっともらしくない!!

早期退職したアラ還。毎日が発見!周りのものを大切に愛をもって暮らしていく中で気づいたことや考えたことを書いています。

スヌーピーを身にまとう Tシャツと・・・バッジってすごくない?

スヌーピー大好きなので、スヌーピーのものがあると目に留まる。

最近、スヌーピーのついたグッズたくさん売っています。

今年はTシャツを2枚購入。

これはプロ野球のキャンプシーズンになぜかメガドンキに全球団のスヌーピーグッズ特設売り場ができていて(宮崎特別企画?)、どの球団のTシャツもあったのだけど、わたし的にはやっぱりカープひろしまじゃけん!)を購入。

 

これはユニクロ。あんまり話題になってなかったけど、ハワイのブランドとのコラボで、絵の中にさりげなくスヌーピー。Tシャツそのものの丈やラインが美しい!!

 

これはゼビオのロキシーのコーナー。欲しかったけど、わざとチープな感じのデザインで着こなせそうになくて購入しなかった。

 

チェロのレッスン場所のとなりにミニプラがあって、見つけてしまった。

スヌーピーのバッジ。在庫処分でセールになってて、770円。

これを付ければどの服もスヌーピー!!すごくない?

 

他にないかなあとAmazonで見たら、デザイン違いが4980円で売ってた!!同じものミニプラにあった。一部ではプレミア?

 

値段ではなくて、スヌーピーがすぐに身に着けられるのがうれしくて、最近どの服にも付けている。

優れモノです。

 

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

  ↓

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

指揮者のちから 小澤征爾さん 沖澤のどかさん

オーケストラの演奏には指揮者とオーケストラ。

演奏することはもちろん聴くのも素人のワタクシ。

生演奏でもCDなどでも、いい演奏だと思うことがあっても、それがどうしていい演奏に聞こえるのがよくわかっていない。

曲そのもののよさと演奏との区別がほとんどつかない。

数々の名指揮者・名門オーケストラ。

ソリストに比べて、私にはその個性はわかりずらい。

そんなに多く聴き比べてもいない。

特に生で聴いたことのあるオーケストラの演奏は多くなはい。

そのなかでは、クルト・マズア・ニューヨークフィルのブルックナーがベストだった。

有名どころでは、シノーポリとオケはドレスデンだったかな?は全然よくなかった記憶がある。

 

世界の小澤征爾を一度は聴こうとチケットは獲ったが、つわりで行けなかった20数年前。それ以来、小澤征爾さんとは縁がなく、サイトウキネンに行こうと思いながら、気がつくともうチケットが取れない状態だったり、仕事で休めないスケジュールだったりして、結局聴けていない。最近な小澤さんの体調が思わしくなく、ステージに上がっていない。

それでも毎年、セイジ・オザワ松本フェスティバルのプログラム発表はチェックしている。

今年は有観客でオペラは沖澤のどかという人が振る。

そのときはあまり気にも留めていなかった。

 

夏になって、京都市交響楽団が次期常任指揮者を沖澤のどか氏に決定したというニュースと沖澤氏の写真をみて興味を持った。

若い!お顔立ちは静かで派手な感じでない。(ゴメンナサイ。こんなこと重要でないことなのはわかっているのですが・・・)

小澤征爾も優勝したブザンソンコンクールで優勝して、ベルフィルでペトレンコの助手をしているらしい。35歳ぐらい。

松本フェルティバルの練習が始まると、チェリストの山本裕康氏がTwitterで沖澤氏の演奏上のすばらしさとともに、人間性の魅力を伝えている。

ますます興味がわいた。

松本フェスティバルの「フィガロの結婚」の出来栄えは、ネット上では評判がいい。

ちょうどそのころNHKで沖澤氏のドキュメンタリーと「リンツ」の演奏が放送された。

先日から、N響の7月の沖澤氏が指揮した定期演奏会YouTubeにアップされている。

見入ってしまった。

普段は指揮者の動きはあまり見ていない。今回は食い入るように見た。

すごく繊細な配慮が行き届いた動きに見えた。丁寧で真面目。

微笑みながら振っている時間が長い。

不用意とか勢いとかいう言葉と無縁な動き。

演奏者を信頼してその力を引き出そうとしているように見えた。

演奏はリハーサルでの練習で大まかな流れはできると思うが、本番でこんなふうに振るんだと見ていた。

ただ、演奏自体はワタクシ評価できるほどの知識はありません。

かつ、ほかの方の指揮をじっくりと見たことがないので、ほかの指揮者と比べることもできません。

私に非常に好感をもって見入らせてしまった、何か「力」があったのは確かです。

これから演奏の経験が増えると、あの丁寧な、演奏者に敬意を持った指揮が変化するのだろうか、このままのスタイルなのだろうか、興味はますます深まった。

結果としての演奏はどうなるのだろう・・・

来年からの京都市交響楽団の演奏を聴きに、見に行きたくなっている。

 

ただ、今気がついた。

生の演奏会では、指揮者の顔は見えないのだ・・・うーん・・・

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

  ↓

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

このパソコンとさようなら・・・もう注文しちゃった!!

今使ってるパソコンの動きが遅いのに耐えられなくなってきた。

大した作業してるわけじゃないから、がまんしてたんです。

でも、そろそろ限界。

今、使っているパソコンはデルので、けっこう前に買った気がしたけど、調べてみると2018年のものらしい。

購入するとき、どうせ大したことにないからと最低スペックで、安価で、小さくて、見た目がカワイイものということで選んだ。

そう、2万円台だった。

改めて、今調べると次のようなスペック

CPU AMD A6-9220e
AMD A9-9420e
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ 32GB / 128GB eMMC
液晶サイズ 11.6型
液晶種類 HD 非光沢
質量 約1.35kg
バッテリー 32WHr
LTE 非対応
価格 2万円台~


見た目のかわいさと、新しくしたとき使えるようにもろもろの入力作業等するのがおっくで、だらだらと使い続けていたのです。

この機械のまま、高機能に改造する能力もないし・・・

 

で、きのういろいろ見て、結局、中古をAmazonで注文しました。

CPU  Core i5

RAM 8GB

SSD   256GB

今やWindows11

一応officeもついているらしい。

ということで、現在よりパフォーマンスは向上するのでは?

「えっ、よくないよ!」と思われたかたは、教えないでください・・・

買っちゃったので・・・

 

ということで、もうすぐさようなら・・・寂しい気持ちで、書いてます。

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

  ↓

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

民族問題を理解する道のりは果てしない。

図書館に行って本を借りるマイブームは続いていて、最近借りたものに次の2冊が含まれていた。

 

 

 

バルトロメイはウイーンフィルで長く首席チェリストだった方。数年前宮崎でもコンサートがあったが、あいにく私は行けていない。

ウイーンフィルらしい音色やリズム感のことを知りたくて借りたのだが、予想外に考えさせられたのが、民族問題。

バルトロメイは祖父がチェコからウイーンに来てウイーンフィルに入り、以後家族はウイーンで暮らしている。

チェコ・ウイーン・ウイーンフィルの国外活動などいろいろな歴史と人々の生活が描かれていたが、ざっくりいうと、ヨーロッパに住んでいる人々の根底にたいへん深く民族の問題が横たわっていることに気づき当惑した。

一口でヨーロッパといっても、様々な民族がいて、様々な言語を話し、国という概念も歴史の中で複雑な動きをしている。

それは頭の中ではあやふやながらわかっていたツモリだが、これを読むと、「生きることイコール民族問題に対処する」なのだと感じた。

それも複雑な・・・

たとえば、チェコ。20世紀初頭。

チェコ語を話す人、ドイツ語に親和性のある人、またユダヤ系の人、ロマの人など、それぞれ歴史的民族的背景を持って生きていた。

チェコの文学者としては、カフカとチャペック、クンデラがいて、音楽系ではスメタナドボルザークがいる。

それぞれが自らの出自・アイデンティティーをもって活動している。

ウイーンも各地から人が流入しており、多民族が暮らしている。第2次世界大戦以降はナチとどうかかわっていたのか、という問題も出自に加わっている。

 

こういう状態は日本・宮崎に住んでいる私は、まったくなじめない。そういうこともあるんだろうなとは思うけど、発想の原点には決してならない。

アイヌについて興味はあって、言語を含むアイヌ文化を大事にしたいと思うけど、それって感覚じゃなくて、理屈で思っているんですよ。

 

文学や音楽や政治的活動に触れるときに、私に欠落している、この民族的問題について理解できなくても一応知ることは外せないと、この本を読んで強く認識したのです。

 

一方、新疆ウイグル自治区の本は、新疆ウイグル自治区問題の全体像を理解したくて借りました。

長い歴史の中でウイグル人が周囲の地域や民族とどう関わってきたのか。

そこで、少数民族の中で、なぜウイグルのことが世界的に大きな問題になっているのか。

中央アジアには昔からたくさんの民族と小国があり、中国とソ連(ロシア)という大国との関係で複雑な状況があります。

新疆ウイグル自治区は中国国土の六分の一を占める広大な地域でありで中国内部で重要視され様々な経済施策がなされてきた。またウイグル人のほとんどはイスラム教徒であり、言語や文化が著しく違っていた。

近年世界的なイスラム原理主義者のテロが増える中、ウイグル人の経済的・民族的不満からいろいろと事件が起き、その流れの中で、中国共産党によるウイグル人の管理が厳重で人権的配慮のないものになっていく過程がわかりました。

中国共産党はどの民族であっても体制反対者には強い弾圧を行っている(と思うんです)が、その弾圧を新疆ウイグル自治区で大々的にやっているから目立ったいるということだと思います。

まあ問題の「職業技能教育訓練センター」のようなものが各地にあるのかどうかはわかりません。しかし、国単位ではそんなものがいっぱいあって、体制反対者はそこに送られている人も多いのでは?

自らの言語や宗教といった文化を変えたくないと思った経験はワタシにはないわけです。なので感覚的にはわからなくて、想像の世界でしかない。

だからこそ、そういう自らのアイデンティティーを維持することが難しい人々のことを、できるだけ知って理解して、できることがあれば応援したいと思います。

 

ウクライナとロシアの問題も、日本人が報道で知っていることより深い複雑な歴史的、民族的問題があって、そこがよくわからないので、表面的に「戦争をやめよう」というしかないのです。

 

「民族」というのは現在の世界でもとても重要なものである。

そこが感覚的なわからないワタシ、そして、たぶん多くの日本人は、努めて、民族問題を知っていくことが必要と改めて思った次第です。

 

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

  ↓

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

鍋を焦がした。その対処方法は? 中身が消えていたのでもう一度書きました😢

きのうの夜、外出の予定があって、カレーを作った。

夫がひとりで食べられるように。

カレーのルウを入れなじませて火を止めた(つもりだった)。

20分後にわたしは先に食べようとコンロのところに行ったら、火が付いたままだった。

ふたを開けると、かなり激しく焦げてる。

食べられる部分を別の鍋に移して鍋を観察する。

底全体と縁10センチぐらいが、数ミリ(かなり厚く)炭化している。

 

火事にならなくてよかった。

取り返しのつかないことになる前のサインだと思って、ポジティブに対処しよう。

 

1 火の切り忘れにどう取り組むか。

気をつけているはずがミスしてしまう。きちんと管理する仕組みが必要だと思う。

でも、どうすればいい?

とりあえず、換気扇の目立つところに、火を消したら張っておく黄色いマグネットを用意した。

マグネットを確認する・・・?

あんまり効果で気でない感じがする。

なにか良い方法があれば教えてください。

 

2 鍋の焦げを取る。

これには重曹が役に立つことを知っている。

化学反応で、といっても具体的には忘れてしまったが、焦げが取れやすくなる。これはいままでも利用してきた。

今回は大量の焦げ。

水洗いもしない状態の鍋に、重曹をふたつかみ鍋に入れて、隙間のないように塗りたくった。

外出から帰って(重曹を塗って4時間後)、木べらでこすったら、焦げがスルッと取れていく。

このまま朝まで置いておいた。

けさ、完全に焦げは取れました!こすりはしましたが、力は要りませんでした。

重曹、恐るべし!!

焦げた鍋は写真に撮る気がしなかったので、きれいになった後だけ!!

 

日頃注意して暮らしているつもりでも、こんなことが起こります。

確認・二重チェックの仕組み作りが必要ですね。

 

火事が一番怖いです。

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

  ↓

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

ワンコ 金網の橋を渡るの図

めまいはお陰様で完治したようです。

頭・胃腸、爽快です!!

 

 

ワンコと加江田渓谷に行きました。

もう数えられないぐらい行っていますが、ワンコは金網の橋を渡るのが苦手。

躊躇しますが、渡らないと先に進めないので、がんばって渡ります。

最初の頃は、理解しているかどうかはわかりませんが、「がんばれ!がんばれ!」と声掛けしていました。最近は少し慣れたようで、慎重ですが、どうにか渡ります。

考えてみれば、人も足の裏の半分の隙間のある網の上を通るのはコワイ。

犬の足の裏と金網の隙間は、そのくらいの大きさの関係があるように思います。

ウチのワンコはもともと怖がりで、よく言うと慎重。家の近くでも側溝のふたの上は歩かないし、幅が1メートルぐらいある排水桝の金網の蓋は迂回するか、ジャンプで飛び越えます。

そのワンコが金網の橋を渡る姿を動画に取ることを思いつきました。(最近、動画を取る面白さがやっとわかってきたのです・・・子どもが小さいころビデオ撮影は一度もしたことがない。ビデオカメラというものも持ったことがない。)

 

いつもツンとしているワンコですが、この時ばかりは必死です。

足の裏がグーチョキパーのパーになっているところが何とも言えない・・・

 

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

  ↓

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

チェリスト 佐藤晴真さんの生演奏が聴きたい。

先日も少しブログに書いたのだが、NHKのクラシック倶楽部で佐藤晴真さんのチェロを聴いて、心奪われた。

バッハの無伴奏チェロ組曲第1番。

これまで聞いたバッハの無伴奏チェロで一番好きだと思った。

音色・フレージング

生で聴いてみたい・・・

 

めまいで苦しむ中、佐藤晴真さんの演奏会情報を調べた。

すぐにある。

7月21日。福岡で、ドボルザークのチェロ協奏曲。(ドボコンというやつですな・・・)

めまいが落ち着いたら行こうと、席の空き状況、交通機関やホテルを調べていた。

どんな演奏になるかな?

佐藤さんの低音は力強さより甘さを感じる。甘いドボコン・・・興味ありあり・・・

 

しかし、めまいは治まらなく、予約を断念。

コンサート当日は調子がよかったんだけど、福岡まで行く勇気がない。

それに当日行くと交通費(飛行機)・宿泊で5万円ぐらいかかるし・・・

 

演奏当日は、今やってるかな?とかソワソワしていた。

Twitterには若干レビューがあり、「音のきれいさと芯の強さを兼ね備えた」とか「伸びやかな音色がドボコンとは別の洒脱な曲のようで新鮮」「透明感と芯の強さ」など、予想どおりの評価だった。

ふむふむ・・・

 

わたしは、コンサートに行けない(行かない)と決断して、代償を得ることとした。

 

その1

まずはCDの購入。

 

フランス音楽は予想どおりきれいで歌い方がすてき。ブラームスが重たくない!こんなブラームスもテレビで見たバッハに続き初体験。

ふむふむ・・・

 

その2

悔しいから、ずっと先のコンサートのチケットを購入した。

hakujuhall.jp

1時間、いろんな曲のいいとこ、さらっと弾く系の軽いコンサートのようだ。

 

東京だから、ついでに、ほかのお楽しみを前後に入れよう!!

別にお楽しみはコンサートじゃなくていいんだけど、1月10日前後の東京あたりのコンサートを調べてみた。

 

前日の1月9日にこんなのみっけ!

kanagawa-geikyo.com

 

やはり先日テレビの演奏を聴いて、聴いたことのない流れるような柔らかなピアノだった藤田真央さんとチェロ界の大御所・堤剛さんの共演!

すごい!!

オール・ベートーヴェン!!

ヴァイオリンソナタ 春

チェロソナタ第3番

ピアノ三重奏 大公

 

このチケットは検討中で、まだ買ってなかったんだけど、書いてたら絶対行きたくなってきた。どうしよう・・・

 

コンサートをいろいろ調べてたら、こんなのも出てきた。

 

Storia II (すとーりあ・つー)という名称のイベント。

佐藤晴真(チェロ)、服部百音(ヴァイオリン)、藤田真央(ピアノ)

2022/12/23 (金)  開場17:30 開演18:30

東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

sunrisetokyo.com

 

佐藤晴真さんと藤田真央さんが一緒にやっちゃうわけ?

うーん!すご過ぎます。

これは、いわゆる普通のクラシックコンサートというよりイベントっぽい。

演奏曲名もわからない。

うーん・・・

これだと、東京に2回行かないといけない・・・

 

検討します。

 

どとらも、ヴァイオリニストのことにあまり重点を置いていないのが、なんだかなあ・・・

両者とも名前は知ってるんですが、それ以上は存じ上げない・・・

 

このように、佐藤晴真さんの演奏をCDで聴きながら、生演奏聴きたいと、ぼんやり考えているところでアリマス。

けっこうハマってます。

 

 

ランキングサイトに参加しています。この下のバーをポチッと押して私の元気に協力してください。

お願いします💛

  ↓

にほんブログ村 
ライフスタイルブログ スローライフへ

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村