お米はおいしい。

今週のお題「ごはんのお供」

近所の堤防はカヤが実(種)をつけている。

f:id:lamabird:20200914174224j:plain

これってイネ科の植物。お米もこうやって野生で生えていたのですよね。

その実をとって、実の周りを取って精米して食べ始めたのってすごいと思う。

白米は代替のものがないおいしい食べ物だと思います。

白米が大好きです。ただし、炊き立てに限ります。

炊き立てのちょっと青臭い香りと艶やかな色、もっちりとした触感、すごい食べ物です。

食が細いのでお米をたくさん食べると他のものが食べられないので、お茶碗軽く一杯。おいしさを噛みしめて大事に食べています。

高校生の頃は宮崎のこしひかりの早場米が出てきたころで、その新米をおいしいと思って食べていたが、東京で暮らすと新潟のお米が売っている。新潟のお米はおいしかった。その時宮崎のお米勝負にならないと思った。

今は宮崎のお米しか食べないが、十分おいしくいただいています。炊き立てしかおいしくないので、炊いたらすぐに1食分ずつラップして急速冷凍しています。

炊くのは、ステンレスで有名な新潟県燕市の宮崎製作所のジオというステンレス多層鍋です。大中小持っていて、お米も煮物もこれで作ります。土鍋でご飯を炊くとおいしいと巷でいうので、ご飯炊く用の二重蓋になった土鍋で炊いてみましたが、なぜかいまいちでした。

f:id:lamabird:20200914174240j:plain

私が使っているジオ

白米のおいしさを幸せだと感じるのは日本人だけなのでしょうか?ほかのお米文化の人々も同じ感覚があるのでしょうか?

ちなにみ、玄米も食べるのですが、これは白米とは全く違う食べ物です。あのちょっとエグイ味とにおい、そしてプチプチとした感触は、やはり食べると幸せです。

玄米は圧力鍋で炊いています。ほかで試したことはありません。これも炊き立てを食べますが、時間がたつと白米のように繊細さを失われるかどうかわかりません。

いつかお米だけ限界まで食べてみたい。(やろうと思えば簡単か・・・)